2月22日 ミュンヘン 2

レジデンツ〜アルテ・ピナコテーク

リンク集
レジデンツ(英語)
アルテ・ピナコテーク(英語)
キングス・ホテル(英語, 泊まったのは"First Class"の方です)

マリエン広場から北に進んで、レジデンツ(王宮)へ。バイエルン王家、ヴィッテルスバッハ家の住まいです。
こちらは祖先画ギャラリー。

王の寝室。

そして、アンティクヴァリウム。
華麗なんですが、がらんとしていて、なんとなく寒い感じを受けました。あとで観るウィーンの王宮と比べると、テーブルなどの生活用品がなかったからかもしれません。

レジデンツを出て、将軍堂前からルードヴィヒ通りを見たところ。こういうだだっ広い通りにどかんとした建物が建っている、というのが、ミュンヘンの印象でした。

さて、いよいよアルテ・ピナコテークへ。ここを訪れるために出発を一日早めてミュンヘン泊にしたのです。

アルブレヒト・デューラーの『四人の使徒』。
さすがにこの前は人通りが絶えることがなかったです。

フラ・フィリッポ・リッピの『聖母子』。
今回の旅行では、なぜか聖母子の絵に目が行くことが多かったです。

ラファエルロの『カニジャーニ家の聖家族』。
固有名詞はアルテ・ピナコテークの目録(日本語版)に拠っています。

この後は、暗くなったので写真がないのですが、夕食をツム・フランツィスカーナーで食べました。
ミュンヘン名物白ソーセージはおいしかったのですが、その他のソーセージの塩辛いこと、塩辛いこと。ザウワークラフトまで塩が強くて、結局残してしまいました。1363年創業のバイエルン料理の店、ということなのですが、昔の味を守っているのでしょっぱいんでしょうか。
それにしては、他の人たちはおいしそうに食べていたので、単に私たちの好みにあわなかっただけ!?


続く