2月22日 ミュンヘン 1

ミュンヘン中央駅〜フラウエン教会〜旧市庁舎

リンク集
ミュンヘン市観光局(日本語)

空港から市内へは、近郊電車S8で移動しました。広軌なので全体に広く、すっきりしていますね。
発車のベルもアナウンスもなく、車内放送も次の駅を一度告げるだけ。至って静かでとても快適です。何で日本って、あんなに喧しいんでしょうね。

ミュンヘン中央駅。ヨーロッパに入ったばかりなので、コインロッカーに荷物を預けるのに小銭がなくて少し苦労しました。
荷物を預けるまでに、結局30分位かかったかなぁ。中途半端に端数があるのに、おつりは出ないというのがちょっといやらしい感じ。

ミュンヘンでまず目についたのは、トラム(路面電車)。床が低く乗り降りが楽で、頻繁に走っているので利用しやすいです。最初は歩いて回ろうと思ったのですが、あとで何度か利用することに。

カールス門をくぐって、旧市街へ。日曜だったせいか、何かイベントでもあったのか、とにかくお祭りのような賑やかさ。

何ということはないですが、旧市街ということで。大都会なせいか、旧市街といえど建物の背が高いです。

ミュンヘンの見所の一つ、フラウエン(聖母マリア)教会。
写真にすると小さいですが、これで高さ約100mあり、とても一枚には収まりません。これは3枚の写真をつないでいます。教会の左下の台座の前に黒い影が見えますが、これが大人の人影です。

壁にある表示板。直訳すると、「聖母マリアのドームと教区教会は、イェルグ・ガングホーファーが、1468年から1488年に建てた」そうです。
教会の中にも入ったのですが、撮影は禁止でした。とにかく暗かったことだけ覚えています。

マリエン広場に出て、旧市庁舎には一瞥をくれただけで…

有名な新市庁舎のグロッケンシュピールの時間となりました。
Windows Media ムービー(582KB)

グロッケンシュピールは長いので(15分くらいやっていた)、途中で新市庁舎の中庭に入りました。これは中庭から見たグロッケンシュピールのある塔。

一画にあるらせん階段。1階毎に手すりの模様が違います。


続く